2005年01月06日

いつわりの壁

いつわりの壁(消費MP0):実は魔法を防げない幻のシールド

オンライン第一回目の技考察はいつわりの壁です。相変わらず魔法が防げず、微妙な壁ですが今回はなんと「ジャッジが当たらない!!」仕様に変更されました。前作では使い難かったいつわりの壁ですが今回は結構使えそうです。今回はジャッジ持ちが増えた事も理由の1つですが・・・w

使い方としては、様子見、MP回復、ジャッジ避け、張りなおし等。

・まず反射の壁等を張り、壁カウンター待ちしてるように思わせて、次のターンいつわりの壁に貼りなおす。これでジャッジを回避することができます。更に次のターン反射の壁を張りなおし、今度は魔法を防御なんて事も可能。まあ打撃来られたら終わりですが・・・w

・盾復活の心得との併用、盾復活の心得を使うとジャッジを誘う事ができるのでそれをいつわりの壁で回避。魔法、打撃で割られてもMP0で復活。次のターンの魔法に対応して反射の壁を張りなおすのも面白いですね。この辺の駆け引きが熱い!!

・見切りの心得と併用。見切りすると打撃を出し難いという心理から、見切りで魔法を誘って反射の壁、ジャッジを誘っていつわりの壁、打撃封じを使うと確実。

用はいつわりの壁とその他の壁を張り直してジャッジor魔法を捌く作戦です。打撃にはノーガードなので、打撃封じや見切りで魔法を誘う事が重要です。

寄席も次の金属性竜に導入予定!もっと深く研究していきたい技です。使いやすくなったいつわりの壁を入れてみてはどうでしょうか?ジャッジをかわす快感は他では表せないと思いますw
posted by 寄席 at 14:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 技考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。