2005年11月09日

挑発神話・・・@

10月半ばから三国志大戦のヴァージョンアップに伴い、ドラクロ欲が低迷してたんですが・・・
なんか土曜日夜に有名テイマー達がオンライン参戦するということを聞き、復帰しました・・・。

必然的に意識して戦える場が出来き、興奮もひとしお!!意識しているもの同士がマッチングされたときのワクワク感はなかなか他のゲームじゃ味わえないのではないかな?
結局本業はドラクロなんだと痛感しましたw。

しかし、寄席の性格上一筋縄じゃいきたくないってか在り来たりな戦い方を避ける傾向が有り、勝率は微妙・・・。再びゴールドナイトに落ちていたり・・・OTL。
まわりのドラ仲間はシルバーアークなっただのゴールドアーク昇格審査出ただの言ってるのにレベルの違いに情けなくなってテンション下がりまくりな日々でした。

なんか画期的な楽しみ方はないか・・・と模索。
んで思いついたのが相手を油断させこっちのペースに持ち込んで勝利を狙う作戦。
挑発計画発動します。

@微妙な技(ちょこざいなマイナー技)重視で、勝ちを放棄したような技構成。
A嫌がらせ技(毒、予言刻印系、マインド系など)で技を誘い、カウンター、シールドで反撃。
B最後まであきらめない大逆転技の導入(大放出、連撃、ファイナルショットなど)

以上のような方針で行こうかと・・・
posted by 寄席 at 11:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
寄席さんこんにちは^^

ドラクロにおいて「挑発」という行動は、これまでに要素としてはあったんでしょうけど、「概念」として確立しようとするのは、寄席さんが初の試みではないかと!

私も寄席さんに次ぐネタテイマーとしてがんばりたいので、なにかお手伝いできればと思ってます^^

まずは寄席さんが定義する1〜3の方向性の中で具体的な技構成を提案して実戦&実験ですね!

とりあえず挑発の究極である1の方向から確立していきましょう。

ちょこざいなマイナー技の中でも「次元を超えたレベルの使えない技」をまず私がピックアップしてみます…。定義がむずかしいですが、まずは挑発としての無限の可能性を秘めてそうなものから挙げさせていただきます。

誘いの言葉、いつわりの壁、神速の構え、アクアラ総取りの念、精神生命交換の念、首振り封じの盾、クールストーム、宝珠隠しの歌、無心の心得、不動の印、早送りの盾、スキップ…

まずはこのへんからでしょうかね。もう少し追加で挙げれそうですが、とりあえず…。

…というか、挙げたは良いけどどう料理すれば良いのか非常に困るのですがΣ(;´Д`)

寄席先生、お願いしますorz
Posted by エル at 2005年11月09日 15:51
追伸、コンセプトとして「笑い」を根底に置かないと辛いですね…orz
Posted by エル at 2005年11月09日 18:26
エル君>
導入技の選別については、まだ検討中です。
次回の日記で発表します。祈り付加系軽盾は絶対入れたいところですが・・・

エル君得意のMP枯渇系「クランブル停滞」とは別の方向性も考えています。例えば、「幸運壁不幸の予感」の絶対クリティカル重視系とか、「盾泥棒盾破り」の壁亀に対する嫌がらせ系など。

何はともあれ、ともに色物テイマー道を極めましょう!!
Posted by 寄席 at 2005年11月10日 09:53
寄席さん、こんにちは^^
レスありがとうございます。

先日ボクがピックアップした中でも「不動の印」ってかなりマイナーで、誰もオンラインで使ってるのみたことないし、もっと上手く使いたいものですね…。

おそらく、祈り1個分のビタミンがあると思われるので、なにか祈りをかけた上から重ね掛けで、見切り等のメジャー祈りを追い出すことはまず可能かと。

次に、不動の印は、テイマーAがガードやシールドの行動を行い、且つ、テイマーBがテイマーAを狙っているような状況での発動が理想です。極力、相手がガードかシールドしかしないように追い込むのが重要かと。

そこでいくつか可能性としてですが、下記のコンボを挙げてみました。

・打撃(魔法)封じ+不動の印
・忘却の調べ+不動の印
・マインドクランブル+不動の印
・大放出+不動の印

ようするに封じ系、もしくはMP枯渇系で相手の行動をガードかシールドに絞らせ、不動の印をかけるという方法です。大放出も相手は狙われると思い、防御本能が働くはずです。

さらにドラゴンの名前を「ふどうのいんいくぜ」「ふどうかけるぞ」などにしておくとかどうでしょう?w一方の相手がどちらに方向むくか見ものですw。

以上、不動の印についての考察でした^^

(挑発伝説とは関係ないかもしれませんorz)
Posted by エル at 2005年11月10日 16:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9132778

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。